arcanum_jp’s blog

おっさんの日記

わかめもらった

f:id:arcanum_jp:20200216091033j:plain

 

先週から知り合いに連絡を頂いていたが、連絡をもらいワカメをもらった。いや、、、そんなに、、、聞くに朝に知り合いのところに取りに行っていたらしい。この方、クマ狩ったり色々とする方で、、、ワカメもとるのか・・・ワカメは大好きなので内心小躍りしてしまいました。

 

さて、部分部分に切って。。。

f:id:arcanum_jp:20200216091731j:plain

 

ワカメだけでこの量・・・

f:id:arcanum_jp:20200216092526j:plain

 

さて、とりあえずこれ全部洗って湯がく、、湯がく、、湯がく、、、メカブは細切れにして明日の朝ご飯で食べるとして、、、こうなりました。

f:id:arcanum_jp:20200216095938j:plain

 

ワカメの酢の物、味噌汁、ワカメのスープ、ワカメのお刺身、、いいですね

 

日本史リブレット、江戸時代の老いと看取り

 

江戸時代の老いと看取り (日本史リブレット)

江戸時代の老いと看取り (日本史リブレット)

 

 

日本が老後の看取りについて意識したのは意外と浅く、と行っても自分が生まれてから子供時代あたり。それは本書の冒頭で「たそがれ清兵衛」と言う映画から。この映画、自分は実は見てないんだけど老いた母を看取る家族愛が描かれてあるが、実は原作では老婆と言うのは出てこないのだと言う。

 

たそがれ清兵衛は実は1970年代に書かれた3つの小説からなのだがこの3つにも老婆と言うのは出てこない。1970年代と言うのは日本の高齢者人口率が5%を超えて国連の定める高齢化社会と言うのに突入していたのだそうだ。もう半世紀近くも前から日本は実は「高齢化社会」だったのだ。

 

たそがれ〜が映画として上映されたのは2002年なのだが80年代を通じて高齢者人口比率は10%を超えようやく社会の中での問題として扱われるようになった。その時代背景の中でたそがれ〜では老いた母として原作を書き換え描かれ老いそのものがクローズアップされたと言う。

 

江戸時代の武士は実は老後とか隠居とかは無く、基本的には死ぬまでが忠義なのだそうだ。本書では80や90を超えてまだ現役に忠義に務める武士の姿が見て取れる。昨今の死ぬまで働けなんか目じゃ無いのである。

 

いくつかの藩の例では条件付きで70歳で隠居できるというのはあるらしいが・・・昔の70歳って言ったら超超高齢だぜ?本当に死ぬ一歩手前まで働いていると言う感じじゃないかな。まぁ、日本の年金制度も60歳で引退したら数年間ぐらいのおまけの人生のと言うイメージだったらしいけど。これほど人は死なないとは思わなかっただろう。

 

ただ、本書を読んでいると今のサラリーマンのように毎日朝から晩まで風邪引こうが下痢だろうがなんだろうが働いていないと風当たりが強くてみたいなのはなく、そんなにあくせくとはしてないようだ。江戸時代の死ぬまで働くは今の年金制度が言う死ぬまで働けと言うのとはちょっと違う死ぬまでなんだろう。

 

さて 看取りについては武士、庶民とも誰がするか?については家長の責任のようだ。これは以前読んだ「近世村人のライフサイクル」でも書かれていたように家長が全ての責任において知識を仕入れ、実行すると言う形なのだろう。最近読んだ明治以前の社会において、全ては家の存続というのが命題で家の存続において家長は大きな権限を持ち、またそれは大きな責任でもあったのである。

 

家長が責任において行うが、当然労力不足があったりする。その場合は下男を雇ったりと言った事はあったようだ。武士、庶民ともども親を看取る事は儒教の孝であるとし推奨された。武士の場合は本書によると、申請で看取りのために20日程度のまとまった休みが取れたようだし、見事看取った者には褒賞もあったみたいだ。

 

ただ、看取られる方から見ると、財産などを譲る事を契約書などにして看取られていくと言うのが見れる。自分が看取る事は数十年後の自分が看取られる事、なのだが自分が無事看取られるためにはそれだけの何かが必要であったようだ。

 

庶民は家長が行うにしても働く必要もあり、そこは夫婦ともども行うと言う形のようだがその場合当たり前だが食い扶持を得る機会がなくなるわけで、生活は困窮を極めてくると。また看取ってくれる人もいない老人たちは自殺すると言った事もあったようだ。

 

こう言うのを見ていると以前遠野に旅行に行った時に現地の看板で見た姥捨山についての説明を思い出す。姥捨山と言うと大体は老いた母を山に置いていくと言うイメージがあるが、実は捨てられた老人たちの暮らすコミュニティがあり、そこに置いていくと言うのが実態だそうだ。

 

そのあとはそのコミュニティでは近くの村々から細々とした野良仕事をしたりして食物を得ていく。当然、コミュニティ自体は困窮を極めただろうけど先の夫婦共々看取りを行い、困窮を極め家自体が自滅していくと言うのよりは家の存続と老いた人の寿命と言う面では当時としては合理的な判断だったんだろうなぁと。

 

 江戸時代は家を基本とした生活のため看取りは当然ながら家そのもので家長の責任において行う。現代はどうだろうと見ると家制度そのものが崩壊していると感じるし、何より家長と言うものにそれほど権限はない。介護保険があったり年金があったり。そう言ったものすら今後怪しい。介護は家族で(ほっこり)なんての見かけると怒りしか湧いてこない。上で見たような江戸時代に戻るのかよ!と。 

 

江戸時代の看取りと現代のそれを比較しながら読んでるとなんだか悲しくなってきた。酒飲んでくだ巻いて寝よう。

 

 

 

近世村人のライフサイクル (日本史リブレット)

近世村人のライフサイクル (日本史リブレット)

 

 

日本史リブレット、縄文の豊かさと限界

 まだ続きます 

縄文の豊かさと限界 (日本史リブレット)

縄文の豊かさと限界 (日本史リブレット)

 

 

いきなり地球の周回軌道の話から入り、あれ?おれ縄文時代の本・・・じょう?もん?・・・と意識がすっ飛ばされそうになりながら読んでいると地球の気候は約10万年周期で変動しているらしい。その最後の氷河期が1万年前あたりに終わり気候の好転は人間に繁栄をもたらした。それが縄文時代ということらしい。

 

縄文時代の繁栄は基本的には自然の恵みによって持たさられていると言うのが本書でわかったこと。縄文時代に入る前あたりから狩猟と木々のナッツなどを食べながら移動していたが河川漁労という形態(川で遡上するサケとって保存して冬越すとか)で一定期間その場所に止まる、そして栗の木を大量に栽培しての大量入手、最後に海洋労漁が加わる。それらが土器、石器、当時の土地に含まれている花粉や貝殻などからわかっている。

 

縄文時代、集落は1、2件の家が集まり、それらが広い地域で集団を作っている。また、海洋漁労で取れた貝の干物?などは遠くの地域への交易で運ばれる。比較的小さなコミュニティで暮らしていたのか?と思っていたが縄文人は想像を超えて大きな範囲で活動していたらしい。

 

このように人間にとって自然の恵みが夢のようにわんさか湧いて出てくる世界でユートピアだったかと言うとそうではなく、本書のタイトルである豊かさの限界について、自然の恵みを基本にしていただけに、自然の変動により影響を受け、人口が激減したりしてる。相当自然に左右される社会だったようだ。

 

その限界に対抗し成功したのが農耕と言う事となる。本書では縄文時代末期にもヒエや粟、米の生産は土器やその他の証拠からわかっているが、基本は自然に育ったのを収穫するのみ。朝鮮からの渡来系の人々が灌漑設備を整え、計画的に米を生産していく。弥生時代の開始である。

 

 しかしなぜ米なんだろうか?日本の気候は湿潤で森林なので縄文時代の栗の木による食料採取が合っていた。米は森林のように湿潤を求める品種で日本の湿潤な気候に合っていたのだろう。

 

渡来人が目をつけたのが米じゃなく他の品種であったらこうならなかったのだろうなと。逆に、渡来人が試行錯誤の最後に目をつけたのが米だったのかもしれない。

 

面白かった。

 

読んでる最中のツイート

https://twitter.com/arcanum_jp/status/1217445122570215425

 

日本史リブレット、一揆の世界と法

 

一揆の世界と法 (日本史リブレット)

一揆の世界と法 (日本史リブレット)

 

 

最近このシリーズが読みやすくて面白く、はじめ3冊購入したのですがつい最近また2冊ほど購入してしまいました。それはまた後日。なぜに一揆?と言われると別にタイトル買いになぜ?と言われても困るのですが以前読んだこちらが大変面白かったので。

 

一揆の原理 (ちくま学芸文庫 コ 44-1)

一揆の原理 (ちくま学芸文庫 コ 44-1)

 

 

一揆のイメージと言うと生活に困窮した農民がコメ問屋を打ちこわしながら代官まで行進し打倒!と言うイメージだったけど、「一揆の原理」では実は一揆と言うのは、権力の打倒ではなく、どちらかと言うと年貢などの割合を交渉するなどの団体交渉的な側面が強いと言う事が書かれてあった。そのため農民一揆では武器は持たず農具を持っているし、幕府側も武器による弾圧というのは無いと。

 

この感覚は多分「菊と刀」で散々言及されていた「其の所を得」と言う感覚だと思う。江戸時代の明確な階級社会において、自分の階級での権利を守るという感覚だろうか。こう言う感覚では最近読んだ「近世村人のライフサイクル」でも紹介されていた。

 

最近どことなく日本の伝統とかそう言う言葉を聞くが、それであれば江戸時代の一揆のように日本人全体がもっと怒って良いのではないかと。江戸時代以前から続く伝統なんだから(笑)給与伸びない割には税金だけがゲフンゲフン・・・

 

本書でも同じように、一揆は反権力ではなく一定の目的を達成するための集団とし、一味神水を経て構成員の平等性(多数決)により神の意思と受け止め問題解決をはかる事としている。その中で、本書は一揆の構成員で守る「法」について書いている。

 

一揆はもともと鎌倉時代国人一揆など武士や僧侶が起こすものが戦国時代以降、農民が起こすというのが定着し(土一揆)武士は一揆という言葉を使わなくなったが、国人一揆土一揆の違いは明確な法を持つかどうか。その法が、一味神水して短期間に守る法から、地域がある程度紛争なく治められるよう領主間で恒久的に結ぶ法もあり、一揆の姿も様々なのである。

 

まぁ、守らないやつは即時成敗とか怖い事が書いてあったりするが、逃げてきた村人を匿ってはならないとかそう言った領主間でお互い不利益が出ないよう守るものも書いてあったりと中世の一揆が「一揆契状」という法でお上の支配を補完する治安維持を目的にしていたものもある。

 

それらは次第に先日読んだ「近世村人のライフサイクル」で読んだように村々の村掟に変わっていき武士による一揆は無くなっていく。と同時に江戸時代より一揆は法を持たない農民によるものとなり弾圧の対象となっていく。ここからが我々がよく知る一揆のイメージになっていくのだろう。面白かった

 

 

近世村人のライフサイクル (日本史リブレット)

近世村人のライフサイクル (日本史リブレット)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杜コミ3・たんや、お品書き

こんにちは、レーザー工作好きな「たんや」です。ずん子さん姉妹といえばきりたんで、「きりたんや!」を略して「たんや」お酒飲んでる時にノリで付けた名前ですが、、、後悔はしていない(キリ!)

 

さて、杜コミ3も近づいてきましたがお品書きをここに置いておきます。どれも自分が日頃、楽しく作ったもので、末長く可愛がっていただけると幸いです。

moricomi.info

以下、価格はあくまで予定です。これ以上高くすることは基本的に考えていませんがあくまで予定です。

 

光るアクリルフィギュア

もともと自分がレーザーで工作をするようになったものです。アクリルフィギュア楽しいですよね。 

arcanum.hatenablog.com

 

<<ずん子さん>>

いきなりですがこれ非売品です。どうしてもと言う方がいらっしゃったら5000円ぐらいです。

f:id:arcanum_jp:20200105134829j:plain

 

<<ミニ光るフィギュア>>

ミニと行っても前景、キャラ、背景とアクリル3枚重ねて立体感を出したもので、持つとずっしり重たいです。机などの飾りとして、仕事の合間に楽しむなどにどうぞ。5つほど持っていきます。5色ほどの光が順次光っていきます。大江戸ちゃんこは見本品として置いておきます。

各3000円。

f:id:arcanum_jp:20200105134928j:plain

 

f:id:arcanum_jp:20200111172536j:plain

 

光る感じはこんな感じです(動画がピンボケすぎますが・・・)


光るずん子さんアクリルフィギュア(杜コミ3向け)

 

f:id:arcanum_jp:20200112214325j:plain

 

アクリルフィギュア

なるべく大きめのアクリルフィギュアを作ってみました。大きめなので厚みは4mm板で重量感があるようにしました。

 

また、今回手違いでキャストアクリルで制作してしまったため強度に不安があるためイベント価格です。可愛がっていただければと思います。

 

設計ミスで台に接続する部分が合わなかった物があり、それらはヤスリで削っています。(更に安くします)それらは台と切り離せないため、現状お引き渡しとなります。

 

ずん子さん(大・160mm)

2500円

2000円

台に入れる部分が設計ミスで切り離せません。展示品、現状引き渡しです。

 

f:id:arcanum_jp:20200111200024j:plain

f:id:arcanum_jp:20200111203154j:plain

台に入るよう削る際にちょっと連結部以外を削ってしまいました。気にならない方、ご購入ください

下記に挙げるアクリルフィギュアは各1500円(訳あり品1000円) です。

 

 東北3兄弟

ずん子さん(125mm)

イタコ姉(110mm)

きりたん(90mm)

f:id:arcanum_jp:20200111200119j:plain


 

その他

中国うさぎ(110mm、訳あり品)

北海道めろん(120mm)

関西しのび(110mm、訳あり品)

九州そら(120mm)

f:id:arcanum_jp:20200111200300j:plain

  

<<おまけ>>

中国のボカロの洛天依(Luo Tianyi / ルオ・ティエンイ)です。最近聴いてます。中国語で何歌ってるかさっぱりわからないのですが、にゃんにゃん歌うのでめんこいです。杜コミの趣旨と合わないため、展示のみです。

f:id:arcanum_jp:20200111200344j:plain

 

コースター

桐のコースターとコルクコースターがあります。

制作過程

arcanum.hatenablog.com

  

<<桐のコースター>>

コースター立て付きです。桐の風合いを残すため印刷も白止めはしていません。画面中央の3姉妹はコースター立ての前方穴に入れて立てられますが、穴をつけていますのでキーホルダーをつければ何処へでも持っていけます。

 

30002500円。(写真下はコースター立てが切り出し失敗品で25002000円となります。仮組みしてみましたが失敗はなんの影響もありませんでした)

f:id:arcanum_jp:20200105135829j:plain

 こんな感じで3枚収納可能です。

f:id:arcanum_jp:20190602095222j:plain

 

<<コルクコースター>>

コルクにキャラクターを印刷したものです。カラーはUVプリンターでコルクの風合いを残すため白止めしていません。淡く印刷された感じがいいですね。

1000500円

f:id:arcanum_jp:20200105134248j:plain

 

白黒のものはレーザー彫刻品です。色合いが濃いのから薄いのがありますがレーザーパワーを調節したものです。お好きなのどうぞ

 各1000円

f:id:arcanum_jp:20200105134315j:plain

 

 

 キーホルダー

レーザーでアクリルを使うとどうしてもキーホルダーなんか作りたくなってきます。これも本当に楽しい!

arcanum.hatenablog.com

 

公式絵を使ったデザインは全て1点ものです。今回は和柄を中心にデザインしていきました。ホルダー部分に星をつけるなど色々と工夫しています。一部は裏側に皮を重ねるなどもあります。たんやなのできりたん成分多めです。

1000500円

f:id:arcanum_jp:20200105133544j:plain

 

f:id:arcanum_jp:20200105133638j:plain

 

 <<おまけ>>

普段はこんな感じのキーホルダーを作って個人的に使用したりしてます。写真では載せないですが自分の子供の顔が載ったキーホルダーとか、、、

f:id:arcanum_jp:20200105133815j:plain

 

 

購入者特典

ご購入者様には全員もれなく、今回参戦のラ〜メン組っ!さんの根付をお付けいたします。また、余った根付はイベント最後に行われる打ち上げで参加者さんのプレゼントにしたいと思っています。

 

なお、ライセンスに関して今回作成したものは、ラーメン組から当日版権の許可を受け製作し、杜コミ3限定で配布するものです。 

arcanum.hatenablog.com

そんならラーメン組さんの認知と、自分の配布物のため、キーホルダーでも作ってみようかと思いました。これ自体お金云々は関係なく、ただ単に認知度があがったらなと思いつつでした。当日商品を購入された方には無料で配布すればいいかな?と。また、残った分は当日のイベント後の打ち上げの配布物(プレゼント)としたいと思います。よろしくお願いします。 

 

f:id:arcanum_jp:20200105133101j:plain

f:id:arcanum_jp:20200105133207j:plain

f:id:arcanum_jp:20200105133256j:plain


 当日こんな感じにまとめてますのでご購入者さまは、お好きなの取って行ってください。

f:id:arcanum_jp:20200105133427j:plain

 

 お得情報?

キーホルダー、コースターの中には微細な傷などにより品質が保てないものがあります。そう言う作品に関しては200円にしてます。パッと見、気になりませんが自分が許せないので・・・

f:id:arcanum_jp:20200105150553j:plain

 

f:id:arcanum_jp:20200105150622j:plain

 

おまけ

こんな感じのも持っていきます。ぜひ手にとってみてください。

f:id:arcanum_jp:20200105144105j:plain

皮のコースターは作るのは楽しいですが糸の縫製がもう難しすぎて自分にはできないと思いました。

f:id:arcanum_jp:20200105144116j:plain

ハンコ楽しいなと。ずん子さんイベントで使ってくれないかな・・・

f:id:arcanum_jp:20200105144201j:plain


以上、よろしくお願いします。

田舎町の攻防、兄弟の確執果たして勝者は

もう時効だろうから流して供養

 

もう母も80歳を超えあと数年で施設に入りと言う形だろうなぁと実家に言って話していた実感だったけど、父親の次男にあたる子供が実家付近に住んでおり今度家を改築して親(三男)と住むようになると言う。あの町で自分の親戚といえばあの家が一番大きいだろうし後取りにも恵まれている。いよいよ実家周辺でのうちの家系は三男系に集約されていくんだろうと言う感じがしてきた。それとも長男のうちの兄貴が盛り返すか?

 

自分のうちは本家筋で長男は仙台に住んでいるし子供も娘だけ。次男の自分も実家には殆ど顔を出さないし元々お前はどこにでも行けと言われているから関係ない。姉は女性なのでとりあえず家を継ぐと言う事からは関係ない。そう考えると実家は自分の代で本家没落なわけで、母が死ねば否応でもそう言う形になってくるのだろう。墓守の話でみても実家近辺に住んで無い長男がするのも難しいしね。

 

この、親世代の兄弟間の諍いは色々とみてきたし、本当に田舎の兄弟喧嘩ってバカだなぁって感じしかなく、どうでもいいんだけど、(見て来たからこそそういう感想になった)兄弟通しが狭い地域に近くに住んでるとそう言う事が起きるのだろうなぁと。

 

 25年ほど前だろうか?実家は本家なのだが分家筋にあたる次男以下連合に強い嫌がらせにあっていた。次男は婿に嫁いだんだけどその嫁が母に変な対抗心を持っていて色々と母憎しから本家憎しに代わり、次男は次男で親がいなくなって兄貴に受けた恩を忘れて嫁と一緒に父に嫌がらせ。その次男と一緒になって嫌がらせをやってきたのが三男だった。

 

それが父の死の間際になり形勢が変わる。3男が父の死の間際を見て猛烈に反省かわからんが同情の意を示してきた。しかし次男はもう行く所まで行ってしまっており父に会おうとしても父もこんな姿を見せたくないとなり、会わず。そうだろう。本当に和解したくとも父から見れば死の間際まで裏切られたらどうしようもない。

 

父の死後、三男はあの地域で立場上は母を立ててくれたのでよかったが去年、別の親類の葬式で見たのが三男の子供、嫁、孫で葬式の場を取り仕切っていた。事実上本家筋が何もすることがなかった。と言うより突然すぎて何もできなかったと言うのが正しいだろうけど。本来なら本家筋の長男がキッチリやるべきだろうけどそうもいかなかった。会場に到着するだけで終わったからね。

 

そう言うのもあり「あぁ、、、」という予感みたいなもんを感じていたんだけど、冒頭で話した1件があり、母が死んだら家系はどうすんのかな・・・とか考えた場合に仙台に行ってしまった兄貴があの地域にまた帰ってくる訳にもいかず、ずっとそこで生活していた三男系が盛り立てていくのだろうなぁと。

 

正直母が死んだら良い思い出はありつつあの地域との地縁は切れてしまうわけで、かと行って同窓生などとは一部を除き顔なんか合わせたくもないわけで、どうでもいいんだけどと言う実感。どっちにしろ僕は本家筋と行っても傍流だから関係ない。

 

こう言う一件があり、僕はせめて兄弟だけでは絶対に喧嘩はしたくないなぁと、自分は兄を立てるし姉も立てるようにしてる。兄弟でああいった確執があると子供にも影響する。一時期親類関係が敵か味方か?みたいな感じで仲のよかった従兄弟なんかも疑惑の目でみてしまっていた。

 

ほんとバカらしい、バカ臭い、もっと言うが親たちのああ行った振る舞いを見ていてバカくさいと思った。多分あと数年であの地域との地縁は切れるだろうなあと正月を過ごしての実感

 

 

 

歯医者の恐怖

f:id:arcanum_jp:20200104194933j:plain

画像は特に今回の話には関係ありません。だんだん絵がうまくなる娘の絵です。かんぁわいぃぃぃぃん。。。

 

昔被せた奥歯の銀歯が取れて新しく銀歯を被せた。かれこれ取れてから4ヶ月ほどかかった。え?なんでそんなかかるのよって?そこには長い、長い事情と、インターネット時代の身の回りに潜む恐怖があったのだ。

 

あったのだ!

 

 職場でご飯を食べてるときに何やら大きくて硬い石みたいなもんを噛んでしまい、あぁ、ご飯に石でも入っていたのかな?とみたらそれは銀歯だった・・・そこで急いで職場近くの歯医者に連絡して予約して治療が始まったわけだが、、

 

2回ほど鎮痛剤やってやっと3回目で型を取る前段階として土台を作る作業を行ったと。ちなみに最近驚いたのは、歯の治療にレジンが使われているのね。治療中に先生が歯を削った後なにやら白いのを塗って青い光を当てていたので聞いたのだが、あぁこれはレジンや!ってなった。

 

閑話休題

 

土台を作りさぁ、次の予約でやっと型取りや、、意気込んでいた所、ちょっと仕事の具合が悪く予約の日をずらしてもらうことに。そこで電話したのだけれど・・・

 

俺「022ーxxxーxxxx」に電話して・・・

 

とぅるるるぅ。。。とぅるるるぅ。。。とぅるるるぅ。。。

 

歯医者「こんにちはxx歯医者です、、、」

 

俺「あ、x月x日に予約の・・・」

 

歯医者「当院は院長の体調不良により9月で廃業することに・・」

 

俺「」

 

ええぇ?(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

 

いや、こんなの初めてだよ、、今日日、歯医者なんて予約が結構きつくて次の歯医者どこにすっぺーーーとか思いながらもう近所の歯医者でいいべ、、、と予約するも次の予約日が1ヶ月後・・・とこんな調子で今日やっと銀歯を入れて治療が終わった。

 

で、ここからが本題

 

もともとかかっていた歯医者、なんで廃業なのだろうと、今はグーグルマップで「歯医者」なんて検索すると沢山歯医者なんて引っかかるでしょ?そこで見てみるといろんな人の評価、口コミなんてのも見れる。以前そこの歯医者に初めてかかったとき、単純に職場に近いから帰りがてら行けるね☺️なんて思いつつかかっていたんだけど、かかりはじめてからグーグルの口コミ見て驚いた。

 

そこには沢山の人の悪評、悪評、悪評、、そして先生と思われる人の謝罪と説明。そして1件だけの評価する口コミ。あぁぁぁ!これは凄いわ、、自分自身は余計なお世話な話が多いなぁ(この治療には原価がこれでこれこれしかかかってないのよ!とか、この薬は昔からあるけどこれからも変わる事はないだろうとか)あぁそれ言っても正直、知らんがな、、、な話はあるものの、オーラルケア(日頃の歯磨き)の方法を教えていただいたりと、それから毎日きっちりするようになったので、別に悪い病院では無いないと思っていたのだが、人によっては例えば治療で歯カスが付いていたのを指摘されると屈辱と感じる見たいだねぇ、、、と。いやそれ逆キレだろ、、、1件だけ付いてた評価してた人も同じように思ったようで、言い方云々はあるけど、情報としてはとてもよく公開してくれる先生で自分は良いと思いましたよ的な。

 

以前治療して頂いた時に自分自身は良かったので今回の件でもお世話になったのだが、途中で歯医者がなくなってしまうという・・・いや、寝耳に水とはこの事だよなぁという気持ちで正直どうすれば良いかわからなかったぞなもし・・・

 

それでネットにそんな悪評書かれたらたまったもんじゃ無いだろうなぁと、そして一旦廃業するって選択になったのかなぁと、憶測だけど考えてた。今はもうグーグルマップ見てもそこの場所にはピザ屋があったりして、実はあそこに歯医者はあったのだろうか?実は俺は狐か何かに騙されていたとか思うんだが。

 

スマホのアプリなんかも評価1とかみると、どう見てもそれ書くか?ってのあるけど、主語大きくして悪いけど日本人の行動ってのはほんと減点方式なんだよなぁと。生産性が無い話を書くのはどうにかならんのかねぇと・・・

 

悪評しか書けねぇテメェらのせぇでコッチは余計な出費かかったわ!

 

タイトルについてだけど、恐怖の歯医者、ではなく歯医者の恐怖としたのはこう言った最近の口コミってのは一般客を主戦場とする事業者にとっては本当に恐怖だろうなぁと今回のを受けて思ったからでした。

 

そして被せてから初のごはん、いやぁ、、噛み締められるってホント、幸せだなぁと思いつつ、毎日のオーラルケア大事だよねぇと自分を反面教師にして息子、娘に話していたのであった。

 

これが今日見た僕の歯。しかし歯並び悪いなぁと・・・

f:id:arcanum_jp:20200104175555j:plain